廃タイヤ アルトイーネ ALTENE

廃タイヤ油化システム

あなたが車に乗り擦り減って交換した廃タイヤがどうなるかご存知でしょうか?
今では、リサイクルされるようになりましたが、世界では廃タイヤの処理がされず放置されゴミとして放置されたり、そのタイヤから自然発火を起こし火災などを引き起こしているのも事実なのです。

人工衛星からも確認できる廃タイヤ

廃タイヤ アルトイーネ ALTENE

廃タイヤ② アルトイーネ ALTENE

上の写真は、クエートシティーにある世界最大の廃タイヤ処理場を人口衛生から撮影した画像になります。一般的に廃タイヤは状態が良ければタイヤとして再利用されます。しかし、それ以外の廃タイヤは処理が難しく、この写真に映っている廃タイヤは、クエート以外の近隣諸国からリサイクルされずに持ち込もれた者です。

日本でも廃タイヤ問題はあるんです

残念ですが、日本国内でも廃タイヤが不法投棄されているのも現実です。
下の写真は富士山麓での不法投棄を撮影したものです。

不法投棄 アルトイーネ ALTENE

美しい日本の心はどこへ行ってしまったんでしょうか…

廃タイヤ油化システム

そこで、こんな油化システムがアルトイーネというのが、廃タイヤを利用した都市油田システムです。こちらの動画をご覧いただくと分かる通り、処理には40分度を有しますが、油、水、カーボンとスチールに分解されます。また、燃やして処理しているのではないので空気汚染にもなっていません。

このシステムが普及すれば廃タイヤ問題も解決できるのですが…

 

 

 

関連記事

  1. 微生物で実現! ごみを“都市油田”に変える新技術

  2. 牛丼 アルトイーネ

    牛丼の松屋さんを応援したい理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。