そもそもプラスチックって何?

私たちの生活において、プラスチックは必要不可欠なものとなっています。そして、プラスチックは便利で使いやすいものでありながらも、プラスチックがどんな物質で出来ているのかを理解して使っている人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、プラスチックとは何かを分かりやすくお話していきたいと思います。プラスチックの正体を知ることで、ゴミの分別やリサイクルについてご理解いただけると思います。

プラスチックの本当の姿

プラスチックは英語で「plastic」と書きます。この語源は「自由に形づくられる」です。また、日本語では「可塑性物質」と表すことができ、成形しやすい物質という意味となります。
つまり、自由に形を付けられたり、成形しやすい物資を総称して「プラスチック」と呼んでいます。

プラスチックは、石油や天然ガス等から作られ、主に炭素と水素から成る高分子化合物です。高分子化合物とは、簡単な構造の物質が化学反応で規則正しく何度も繰り返し結合してできた巨大な高分子なのです。日本では、原油を精製してできるナフサを原料としています。ナフサを加熱、分解して、エチレン、プロピレンなどの新たな性質をもつ物質を作りだします。

ポリエチレンはそのままでは、粉や塊なので扱いにくいので、一度溶かして加工しやすくする添加剤等を加えてペレット(米粒状)に形を整えます。ペレットの状態で製造工場に出荷されます。

ペレット アルトイーネ ALTENE
アルトイーネ ALTENE

原油からプラスチック製品になるまで

原油からプラ アルトイーネ ALTENE
【出典】石油化学工業協会

ペレットを熱で溶かし、薄く引っ張ぱりフィルムに成形したり、金型などに流し込みしっかりした形に成形すると容器となります。つまり、プラスチックは成形方法や樹脂の種類で様々な形になります。ビニール袋やPETボトル、発砲スチロールも異なっては見えますが、いずれもプラスチック製品です。

プラスチックの特性と用途

プラスチックは加熱した時の変化から大きく2種類に分類できます。

熱可塑性プラスチック

加熱すると柔らかくなるプラスチックです。冷却すると固まります。これを繰る返すことで多様な形に成形することができます。用途としては、包装容器、日用品、家電や自動車まで広範囲です。

熱硬化性プラスチック

加熱すると固くなり、一度硬化すると再び加熱しても柔らかくならないプラスチックです。比較的低分子の物質が過熱により硬化し、加工したあとに科学反応を起こして高分子の三次元架橋構造を作ります。食器類、電気機器の基盤、ゴルフのシャフト、テニスラケットや船などのFRP等に利用されます。

プラスチック アルトイーネ ALTENE
【出典】オリエント化学工業株式会社

つまり、熱可塑性プラスチックは「チョコレート」
熱硬化性プラスチックは「ビスケット」と考えることができます。

2018年5月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブページ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 廃タイヤ アルトイーネ ALTENE
  2. 牛丼 アルトイーネ
  1. 牛丼 アルトイーネ